長野市郊外に27ホールを持つ、長野国際カントリークラブ

1973年、長野県上水内郡飯綱町に開場したゴルフ場が長野国際カントリークラブです。
長野市の郊外に位置しており、雄大な自然の中でのプレーが可能となっています。
広大な土地と、9ホール構成の3コースを所有しているのが特徴です。
棚網良平氏が監修を担当しました。

丘陵地帯に位置していますが、高低差はそれほどありません。
一方で傾斜はあるので、ボールが曲がりやすいという方は特に注意が必要です。

妙高コースと呼ばれている9ホールは距離は最も短いですが、フェアウェイは広めであり、思い切って打っていけます。
バンカーはあまり配置されていませんが、池は複数配置されていて、6番ショートホールは池越えスタートの難所です。

黒姫コースと呼ばれている9ホールは最も距離が長いだけでなく、曲がりくねったレイアウトが多めとなっています。
角度が大幅に変わるホールはありませんが、フェアウェイがそれほど広めではないこともあり、コントロールで苦戦しやすいコースです。

障害物は殆どありません。
バンカー、池のどちらも非常に少なく、障害物に打ち込んで打数が嵩むことは少なめです。

城山コースと呼ばれている9ホールには、障害物が多めにあります。
池も複数ありますが、打ち込む可能性は少なめです。

バンカーは終始登場し、7番、8番、9番ホールのグリーン周りは危険な地帯となっています。
利用料金はやや高めです。

しかし、セルフプレーで回る場合はお手頃な値段で利用が可能となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ