丹沢山に津久井湖と、景観面での見所が多い津久井湖ゴルフ倶楽部

1965年、神奈川県相模原市に開場したゴルフ場が津久井湖ゴルフ倶楽部です。
遠くに丹沢山、近くにゴルフ場の名前にもなっている津久井湖を望むことが出来ます。
9ホール構成の3コースを所有しているのが大きな特徴です。
和泉一介氏が設計を担当しました。
丘陵地帯に位置していますが、大きな高低差はありません。

山吹コースと呼ばれている9ホールは最も短く、途中で角度が変わるドッグレッグが多く採用されています。
バンカーの数はそれほど多いわけではありません。

しかし固まっている箇所があるので、4番、7番ホールは難易度が高めです。
リンドウコースと呼ばれている9ホールは、比較的真っ直ぐに作られており、フェアウェイも広めです。

特に8番ホールはフェアウェイが広く、思い切ってドライバーショットを打っていけます。
バンカーの数は平均的であり、満遍なく配置されているので、グリーン周りは油断出来ません。

白ユリコースと呼ばれている9ホールは、最も距離が長いという特徴を持っています。
一部にドッグレッグがありますが、殆どはティーグラウンドからグリーンまで真っ直ぐなレイアウトです。

バンカーの数は平均よりやや少ない程度となっています。
しかし8番ホールはグリーン周り以外にフェアウェイにもバンカーが配置されており、打ち込む可能性が高めです。

池はどのコースにもありません。
利用料金はやや高めに設定されていますが、コンディションは良いという声が多く聞かれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ