津山ゴルフクラブは27ホールを持ち、安めに利用が可能なゴルフ場

1974年、岡山県久米郡美咲町に開場したゴルフ場が津山ゴルフクラブです。
一時はアコーディア・ゴルフが所有していましたが、2008年には株式会社フラワ・プロパティに譲渡されることとなりました。
9ホール構成の3コースを所有しています。
松山桂司氏が設計を担当しました。

丘陵地帯に作られており、傾斜とアップダウンは共にあります。
自然が多く残っているのも特徴です。

各ホールは木々により仕切られています。
南コースと呼ばれている9ホールは最も距離が長いという特徴を持っており、途中で角度が変わるというレイアウトは採用していません。

真っ直ぐ作られていますが、障害物が多めであり、池とバンカー共に大きめのものが配置されています。
中コースと呼ばれている9ホールは、最も距離が短いのが特徴です。

しかし様々な仕掛けが施されており、フェアウェイの角度が途中で変わることもあります。
池は全くありませんが、バンカーは多めです。

大きめのバンカーはありませんが、小さめのバンカーが終始登場するので、アプローチショットの難易度が高めとなっています。
特に8番ホールはフェアウェイからバンカーが登場する難所です。

北コースと呼ばれている9ホールも、障害物を多く配置しているタイプのコースとなっています。
グリーン周りにはバンカーが多く配置されているものの、フェアウェイは広めです。

ティーショットでいい位置に落とせたら好スコアも期待出来ます。
利用料金は安めに設定されているので訪れやすいゴルフ場です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ