鶴ヶ島ゴルフ倶楽部は都心から近く、全部で27ホールを所有している

鶴ヶ島ゴルフ倶楽部は、埼玉県入間郡毛呂山町で1980年より営業を行っているゴルフ場です。
9ホール構成の3コースを所有しているのが特徴となります。
一部は山岳地帯に作られていますが、高低差はあまりありません。
東コースと呼ばれている9ホールは、打ち下ろしで始まるコースです。

フェアウェイはそれほど広くはなく、ラフの範囲が多くなっています。
バンカーは大きめですが、数はさほどありません。

池は3番、5番、9番ホールで見られ、大きめなので注意する必要があります。
特に9番のグリーンは水に囲まれているので、打数が増えていくことも珍しくはありません。

西コースと呼ばれている9ホールは、山岳地帯に近いところに位置しています。
しかし高低差はあまりないので、距離感が狂う心配はあまりありません。

フェアウェイは狭めであり、また曲がりくねっています。
その為、フェアウェイのキープが難しいコースです。

障害物はそれほど多くはありません。
さらにバンカーは少なめです。

池も多めではありませんが、9番ホールの池はグリーン横にあるので、アプローチショットが特に重要となります。
南コースと呼ばれている9ホールは終始曲がりくねった構成であり、真っ直ぐなレイアウトは少なめです。

バンカーは面積こそ大きいものの、数は少なめとなっています。
4番、9番ホールの池が難所となるでしょう。

利用料金はやや高めに設定されています。
しかし、都心からアクセスしやすいのは大きなメリットです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ