7000ヤード越えと長いことが特徴である、貞宝カントリークラブ

貞宝カントリークラブは、愛知県豊田市で1966年より営業を行っているゴルフ場です。
日本女子プロゴルフ選手権が開催されており、高い評価を得ているコースとなります。
市街地に近いところにあり交通の便が良く、なおかつ広大な土地を有しているのが特徴です。
金子安三氏が18ホールの設計を担当しました。

木々が多く植えられており、各ホールは仕切られています。
丘陵地帯に作られたコースですが、高低差はそれほど大きくありません。

貞宝カントリークラブの最大の特徴は7003ヤードと長いことです。
フェアウェイも広めに作られているので、飛距離に自信がある方には打ってつけのコースとなります。

ミドルホール、ショートホールが長めであり、思い切って打たないと好スコアは期待出来ません。
障害物の定番であるバンカーはそれほど多く配置されておらず、また一個一個の面積も小さめです。

7番、11番ホールではバンカーがやや多めですが、他のホールではさほど警戒する必要がありません。
バンカーより気をつけなければいけないのが、池です。

池もそれほど多くは配置されていません。
しかし12番、16番ショートホールは共にティーショットが池越えです。

池は打ち込んだ時のリスクが高いので、警戒するに越したことはありません。
チャンピオンシップコースとしての一面もありますが、障害物が少なめなので、楽しむ為のプレーにも向いています。

利用料金はやや高めに設定されていますが、コースはよく手入れされていると評判です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ