距離が長く、障害物も豊富にある天山カントリークラブ

天山カントリークラブは、佐賀県多久市で1975年より営業を行っているゴルフ場です。
「天山カントリークラブ 本コース」と表記されている場合もあります。
多くの自然に囲まれており、雄大な自然を背景としてプレーすることが可能です。
小笹昭三氏が18ホールの設計を担当しました。

丘陵地帯に作られていますが、アップダウンは少なく仕上がっています。
しかし、アンジュレーションと呼ばれている傾斜があるので、ラフやバンカーは勿論のこと、フェアウェイからのショットでも油断は出来ません。

ティーショット以外は常に危険性と隣り合わせです。
しかし18ホールは7073ヤードと長距離ですので、危険でも果敢に攻めていかないと好スコアは期待出来ません。

途中で角度が急に変わるドッグレッグにバンカー、池と多彩な障害が立ち塞がります。
バンカーは多めに配置されており、また一個一個が大きめです。

特に8番、9番、10番、16番、17番、18番ホールはグリーンの周囲に多数のバンカーがあり、砂に打ち込む可能性は高めとなっています。

池の数も多めです。中でも4番と18番ホールは池越えスタートであり、プレッシャーがかかります。
そして最後の関門であるグリーンの難易度も高めです。

グリーンは特に傾斜がきついので、流れを読み切るのは難しくなっています。
利用料金はそこまで高くはないものの、安くもありません。

しかしグリーンを始めとしたコースのコンディションは良く、接客の面での評判も良いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ