天城にっかつゴルフ倶楽部は映画で有名な日活が経営していたゴルフ場

静岡県伊豆市で1961年より営業を行っているゴルフ場が、天城にっかつゴルフ倶楽部です。
オープン当初は天城日活カントリー倶楽部という名前でした。
映画の制作、配給で有名な日活株式会社が経営していたゴルフ場です。
しかし日活は後に経営が悪化し、1993年に倒産してしまいます。

以降もゴルフ場は経営されてきましたが、2006年よりライオンゲイングループが経営することとなりました。
それに伴いゴルフ場の名称は新・天城にっかつゴルフ倶楽部と改められることとなります。

富士山を始め、箱根連山、天城山を望むことが可能であり、それらは景観面での名物です。
9ホール構成の3コースを所有しているのが大きな特徴となります。

丘陵地帯にあるので、打ち上げ、打ち下ろしが多めです。
松見コースと呼ばれている9ホールは、曲がりくねったホールが多くなっています。

バンカーの数は少なめですが、7番、8番ホールのグリーン周りはバンカーが多めであり危険です。
池は一箇所だけですが、フェアウェイ上にあるので、気をつける必要があります。

富士見コースと呼ばれている9ホールは、障害物はあまりありません。
最もオーソドックスに作られているコースです。

里見コースと呼ばれている9ホールは途中が角度が変わるドッグレッグ、多く配置されているバンカー、池越えと多彩な仕掛けが施されています。

最もテクニックが重要となるでしょう。
長い歴史を持つゴルフ場ですが、利用料金は安めに抑えられており、ビジターでも問題なくプレーすることが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ