2010年に完全閉鎖されることとなった登別温泉ゴルフクラブ

1961年、北海道登別市に開場したゴルフ場が登別温泉ゴルフクラブです。
北海道内で6番目に誕生した由緒あるコースであり、丸毛信勝氏が設計を担当しました。
敷地内には9ホールしか無かったので、2回9ホールを回ることで18ホールのプレーに対応していたゴルフ場です。
山岳地帯に位置しており、また手作りであるという特徴もあって、アップダウンと傾斜が残っていたコースとなります。

高所にあるので、太平洋の絶景を見渡せる点も好評でした。
9ホールの距離は3008ヤードであり、2回のプレーでも6000ヤードを僅かに越える、かなり短めのコースです。

しかし、距離は短いものの簡単ではありませんでした。
高低差と傾斜がきつく残っていたので、真っ直ぐに飛ばすだけでも技術を要することとなります。

またフェアウェイもそれほど広くはありませんでした。
フェアウェイをキープしたとしても、曲げずにショットを打つことは困難となります。

フェアウェイが狭めな分、ラフに指定されている範囲が非常に広く、特に6番ホールはロングホールでありながらラフの割合が非常に大きいという特徴を持っていました。池はコース内に全くありません。

この登別温泉ゴルフクラブでプレーすることは出来なくなっています。
2010年には完全閉鎖されることが決定されたからです。

その後土地がどうなったのかは不明です。
閉鎖に至る過程も不明な点が多く、経営会社についての情報もありません。今後再開される可能性は限りなく少ないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ