都賀カンツリー倶楽部は谷蔵山の裾野で27ホールを所有している

都賀カンツリー倶楽部は、栃木県栃木市で1968年より営業を開始しているゴルフ場です。
谷蔵山の裾野に位置しており、雄大な山々の稜線が見所となります。
山に向かってショットを打つこともあるので、その時は気持ちよくスイングを行うことが可能です。

9ホール構成の3コースを持っているのがもう一つの大きな特徴となります。
川波義太郎氏、小松原三夫氏が設計を担当しました。

山の裾野に位置しているので、アップダウン、傾斜、共にあります。
西コースと呼ばれている9ホールは長めであり、またフェアウェイも広めです。

障害物が多く配置されており、池とバンカーによって難易度が上がっています。
バンカーは終始登場し、フェアウェイにも配置されているので一打目で打ち込むことも珍しくありません。

2番ホールは池越えスタートで、かつフェアウェイの真ん中に池がある、変わった構成となっています。
北コースと呼ばれている9ホールは最も距離が長く、ティーグラウンドからグリーンまでほぼ真っ直ぐです。

グリーン周りにはバンカーが配置されているものの、それほど多くはありません。
最も障害物が少ないコースです。

東コースと呼ばれている9ホールは3000ヤードを僅かに越える距離であり、最も短いのが特徴となります。
途中で角度が大きく変わるドッグレッグが多めです。

バンカーがグリーン周りに多くあるので、コントロールの正確性が問われます。
栃木インターチェンジから近く、自動車を利用できるなら便利に移動することが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ