格安で18ホールを回ることが出来る、都城母智丘カントリークラブ

宮崎県都城市で1976年より営業を行っているゴルフ場が、都城母智丘カントリークラブです。
鹿児島と宮城の県境にある高千穂峰を望むことが可能であり、景観の面での名物となっています。
また、都城市街地を望むことも可能です。
森次郎氏が18ホールの設計を担当しました。

丘陵地帯に作られており、元からあった自然を活かした構成なので、アップダウンがあります。
グリーンから最も遠いバックティーから打った場合の距離は、6541ヤードです。

打ち下ろしは勿論のこと、多くの方が苦手としている打ち上げもあるので、飛距離よりもコントロールが重要となるコースです。
フェアウェイは広めですが、2打目以降は傾斜により曲がりやすくなっています。

その為、思い切って打っていく場合は安定した体勢で打てるティーショットが重要です。
曲がりくねったホールもありますが、角度が大きく変わるホールはありません。

障害物は少なめとなっています。
まず、コース内に池は全くありません。

そしてバンカーも少なめです。
5番ホール、7番ホール、13番ホール、15番ホールでは大きめのバンカーがあるので注意が必要となります。

しかし、常に障害物のプレッシャーに晒されるということはありません。
都城母智丘カントリークラブの最大の特徴は、格安でプレーが可能だという点です。

土曜、祝日で昼食ありでも5000円弱で利用が可能となっています。
平日ならばもっと安く、コストパフォーマンスの面で際立っているゴルフ場です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ