フラットな土地に27ホールを持っている土浦カントリー倶楽部

土浦カントリー倶楽部は、茨城県稲敷市で1962年より営業を行っているゴルフ場です。
茨城県内で9番目に作られた、歴史のあるゴルフ場となります。
9ホール構成の3コースを備えているのが特徴です。
陳清水氏が設計を担当しました。

林間地帯に位置しているので全体的にフラットであり、自然も多めです。
豊富に植えられている木々により仕切られているので、OBが出づらくなっています。

東コースとして展開されている9ホールは距離が長く楽しめ、フェアウェイも広めです。
しかし後半は途中で角度の変わるドッグレッグの作りになっており、特に6番ホールは曲がり方が急な難所となっています。

バンカーの数自体はそれほど多いわけではありませんが、面積は広めです。
西コースと呼ばれている9ホールは最も距離が短く、オーソドックスな作りとなっています。

グリーン周りを中心に適度に配置されたバンカー、広めのフェアウェイと初心者の方でも楽しめる作りです。
実力がある方なら好スコアが狙えるコースとなっています。

南コースと呼ばれている9ホールは他と比べてフェアウェイが狭めに設定されており、ラフが多めです。
バンカーは少なめであり、大きくもありません。

途中で大きく角度が変わる7番、大きめの池がフェアウェイ右に配置されている9番ホールが難所となっています。

冬場でも、グリーンを始めとした芝のコンディションは良好であると評判です。
また、利用料金はそれほど高くないので、訪れやすいゴルフ場となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ