土佐カントリークラブは計36ホールを所有し、プロトーナメントも開催されている

高知県香南市で1967年より営業を行っているゴルフ場が、土佐カントリークラブです。
高知県内で2番目に作られた、長い歴史を持つゴルフ場となります。
また、プロトーナメントが開催されるほど高い評価を得ているコースです。

一方で太平洋沿いにあるリゾートコースとしての側面もあります。
18ホールを1つ、9ホールのコースを2つ、計36ホール所有しているのも大きな特徴です。

田中常雄氏が設計を担当しました。
海沿いにありますが、高低差があり、打ち上げや角度が大きく変わるドッグレッグが多く配置されています。

足摺コースと呼ばれている18ホールはブルーティーからの距離が6830ヤードと、平均よりやや長めです。
自然が多く、仕切られた状態でプレーできるものの、フェアウェイはあまり広くありません。

木々が多いのでフェアウェイが狭めに感じられることもあります。
谷越え、ドッグレッグがあり、常に仕掛けと対峙する構成です。

バンカーは大きさこそ小さめですが、数は多めとなっています。
桂浜コースと呼ばれている9ホールは、終始バンカーが多めです。

ティーショットからバンカーに打ち込む可能性もあります。
室戸コースと呼ばれている9ホールも、同じくバンカーが非常に多めです。

角度が大きく変わるホールこそ少なめですが、大小様々なバンカーがあるので難易度は高めとなっています。

長い歴史を持つゴルフ場ですが、門戸は開かれており、ビジターでも問題なくプレーすることが可能です。
値段もそれほど高くはありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ