島ヶ原カントリークラブは36ホールを持っており、サービス面での評判が良い

島ヶ原カントリークラブは三重県伊賀市で1974年より営業を行っているゴルフ場です。
二つの18ホールを所有しており、敷地面積が非常に広いのが特徴となります。
富澤誠造氏と富澤廣親氏が設計に携わり、西コースは実力者に向いたチャンピオンコースです。

一番遠いバックティーから打った場合の距離は6867ヤードとなります。
丘陵地帯に作られていますが、高低差はあまり感じさせない作りです。

途中で角度が大きく変わる、ドッグレッグが多いことが特徴で、特に最終の18番ホールは急角度で曲がるので厄介です。
またバンカーが非常に多く配置されており、ほぼ全てのホールで悩まされることとなります。

8番ホールはバンカーの数が多く、17番ホールはバンカーが大きく、共に打ち込む可能性が高いでしょう。
池もあり、ニカ所で池越えのティーショットとなります。

東コースもフラットに仕上がっており、こちらは初心者の方でも楽しめるコースです。
距離は6753ヤードとなり、直線主体で、曲がるレイアウトはほとんど見られません。

16番のショートホールはグリーンが池とバンカーにより囲まれている名物ホールです。
バンカーもやや多めではありますが、西コースほど多くは見られません。

フェアウェイも広めに作られており、思い切ったショットが可能となっています。

グリーンを始めとした芝のコンディションは冬でも良好であり、また接客やレストランの味といったサービス面でも高い評価を受けているゴルフ場です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ