東我孫子カントリークラブは本格的な河川敷コース

1960年、千葉県我孫子市に開場したゴルフ場が東我孫子カントリークラブです。
千葉県内で六番目に誕生したゴルフ場で、長い歴史を持っています。
川沿いに位置している、所謂河川敷コースですが、9ホール構成の3コースを持つ、ボリュームもあるゴルフ場です。
陳清水氏が設計を担当しており、どのコースも平坦で、高低差はありません。

東コースの9ホールは全体的に真っ直ぐ作られています。
途中で角度が変わることがないので安心して打つことが可能です。

3番、4番ホールでは池があります。
面積はさほど大きくないですが、打ち込んだ場合はスコアに大きく影響するので注意が必要でとなるでしょう。

バンカーはそれほど多くないものの、6番ホールのグリーン周りには大きめのバンカーがあります。
中コースは9ホールは距離が最も短いという特徴があり、無駄がありません。

ティーグラウンドからグリーンまで真っ直ぐであり、また障害物もほとんどないのでショットの練習には打ってつけでしょう。
池は全くなく、バンカーは小さめのものが存在しますが、数は少なめです。

最も距離が長いのが西コースと呼ばれている9ホールですが、障害物も多めとなっています。
3番ホールには大きなバンカーがあり、水が流れているポイントもあるのでコントロール技術も必要となるでしょう。

河川敷コースは設備が整っていないことが多いですが、東我孫子カントリークラブではクラブハウス内にレストランもあり、本格的にゴルフを楽しむことが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ