東急セブンハンドレッドクラブには18ホールが2つあり、コンセプトが違う

千葉県千葉市で1989年より営業を行っているゴルフ場が東急セブンハンドレッドクラブです。
東急電鉄が所有しているゴルフ場であり、広大な土地に18ホールを2つ備えているという特徴があります。
開場後間もなくから多数のプロトーナメントを開催しており、高い評価を得ているゴルフ場で、宮澤長平氏が設計を担当しました。

西コースは「動」をテーマにしており、丘陵地帯に作られています。
チャンピオンティーから打った場合の距離は7102ヤードと長距離コースです。

開放的であり、自然の中で伸び伸びと打つことが可能となっています。
OBがいつ出てもおかしくなく、飛距離とコントロールの両方が必要です。

池が多く配置されているのも特徴であり、池越えスタートやグリーン付近の池が難所となります。
15番ホールは、ティーグラウンドの左右が池という変わった構成で、バンカーも非常に多く、大きめのものが配置されています。

8番ホールは多数のバンカーがグリーン周りにあり、特に難易度が高めです。
東コースは「静」をテーマにして林間地帯に作られていて、チャンピオンティーから打った場合の距離は6978ヤードです。

木々に囲まれ、落ち着いてプレーすることが可能となっています。
木は各ホールを仕切る役割を果たしているので他の組の状況が気にならない作りです。

面積が大きいバンカーがありますが、数はそれほど多くありません。
池は多めに配置されており、大きくはありませんがグリーン付近にある場合苦戦は必至です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ