東京よみうりカントリークラブは数々のプロトーナメントの舞台になったコース

1964年、東京都稲城市に開場したゴルフ場が東京よみうりカントリークラブです。
読売グループの一員である株式会社よみうりランドが運営を行っており、井上誠一氏が18ホールの設計を担当しました。
非常に評価が高く、ゴルフ日本シリーズ、ワールドレディスチャンピオンシップを始めさまざまなプロトーナメントが開催されたことでも知られています。

樹木が多く残っているのが大きな特徴で、木々により各ホールは仕切られ、安心して打つことが可能となっています。

バックティーからの距離は7017ヤードあり、長距離コースなので好スコアを残したい場合、パワーは必須です。
しかしバンカーが非常に多く配置されているので、コントロールの技術も必要となります。

1個1個の大きさはそれほどでもありませんが、終始グリーン周りにはバンカーが配置されており、苦戦は必至です。

1度バンカーに打ち込んでしまうと、脱出を図っても他のバンカーに入るという悪循環に陥り、大幅にスコアを落とすことも珍しくありません。

池の数は少なめです。そしてこのゴルフ場の名物ホールは最終18番で、ショートホールを最後に持ってきている珍しいコースです。
魔の18番と言われることもあり、傾斜がきついグリーンで知られています。

グリーンを始めとしたコースのコンディションは抜群に良いですが、名門ゴルフ場として名が通っており、ビジターは予約を取ることが出来ませんので、会員の紹介か同伴がプレーには必須となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ