都心からのアクセスが容易であり、27ホールを備えている東京湾カントリークラブ

千葉県袖ケ浦市で1979年より営業を行っているゴルフ場が、東京湾カントリークラブです。
9ホールで構成された3コース、計27ホールを備えているのが特徴となります。
吉崎満雄氏が設計を担当しました。
丘陵地帯に作られたコースですが、高低差はあまりありません。

長浦コースの9ホールは最も距離が長く、ティーグラウンドからグリーンの様子が確認出来ない、ブラインドと呼ばれているレイアウトが少なめです。
ティーショットから思い切って打っていって問題ありませんが、障害物は多めで、バンカーはグリーン周りを中心に多く設置されています。

大きさはさほどでもありませんが、5番ホールのグリーンの周囲は特にバンカーが多く打数が嵩みやすいです。
大きめの池が四カ所存在するのでこちらにも注意を払う必要があります。

久保田コースと呼ばれている9ホールは曲がりくねったレイアウトと、池の多さが特徴です。
3番は途中で急に角度が変わるドッグレッグの作りとなっています。

7番は面積のほとんどを池が占めており、難易度が高めです。

蔵波コースと呼ばれている9ホールは久保田コースと似た特徴があり、こちらの方が若干距離は短くなっていますが、池とドッグレッグの多さが難易度を高めている要因です。

バンカーの数は平均的であり、またそれほど大きくありません。

東京湾に近く、アクセスが容易であるという利点がありますが、一方で海からの風が吹きやすく、ボールの軌道に影響を及ぼすことが多いという特徴もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ