東広島カントリークラブは計36ホールを所有している

広島県東広島市で1976年より営業を行っているゴルフ場が東広島カントリークラブです。
巨大な土地を持っており、敷地内に梅田芳彦氏が設計した2つの18ホールを所有しています。
丘陵地帯に作られていますが、打ち上げがほとんどないため打ちやすく仕上げられており、各ホール間のインターバルが少なく、スムーズにプレーが出来る点も特徴です。

北コースの距離は6750ヤードであり、やや長めとなっています。
フェアウェイが広めに作られているので、豪快なドライバーショットが持ち味だという方に向いているコースです。

池は全くありませんが、障害物の定番であるバンカーが平均的な数あり、一部には大きめのものもあります。
このバンカーをどう避けるかがスコアを纏める際のポイントになるでしょう。

11番、13番、17番ホールはバンカーが大きめです。

南コースの距離は6495ヤードと短く、北コースがティーグラウンドからグリーンまで真っ直ぐ作られていたのに対し、南コースでは途中で曲がることが多めです。

フェアウェイも狭めであり、ラフの割合が多く打ちやすくはありませんが、障害物の数は少なめとなっています。

池は一箇所にありますが、小さめでありプレーにはほとんど絡んでこないので、グリーン周りからフェアウェイ傍まで広範囲に渡って配置されているバンカーをどう避けるか、そして打ち込んだ場合のバンカーショットがスコアメイクの上での鍵と言えるでしょう。

利用料金はそれほど高くなく、コストパフォーマンスの面で優れています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ