東庄ゴルフ倶楽部はアメリカンスタイルを意識しており、池が多いゴルフ場

東庄ゴルフ倶楽部は千葉県香取郡東庄町で1997年より営業を行っているゴルフ場です。
自然が豊富にあった土地に作られており、花や木々が多く残っています。
花は四季で違う姿を見せ、訪れるプレーヤーの目を楽しませてくれる存在です。

竹村秀夫氏と石井富士夫氏が18ホールの設計に携わりました。
丘陵地帯に作られているものの、高低差はほとんど無く、フラットな仕上がりです。

設計者は日本の方ですが、アメリカンスタイルを意識して作られており、池の多さが大きな特徴となっています。
半数以上のホールで池が見られ、面積も大きめのため、常にプレッシャーを感じる構成です。

特に4番ホール、12番ホールの池は大きく、グリーンを狙ったアプローチショットで失敗すると打数が嵩むこととなります。

グリーンから最も遠いブラックティーから打った場合の距離は7021ヤードと、かなり長めのコースなのでティーショットから思い切って打つ必要があります。

フェアウェイも広めに作られているものの、パー4、パー5のホールで1打目が落ちそうな地点にバンカーが配置されていることが多いので、コントロール技術も重要です。

バンカーの数自体はそれほど多くはありませんが、1個1個が大きめなので捕まりやすくなっています。
特に6番ホールはグリーン周りだけでなくフェアウェイ横にも大きめのバンカーが配置されていて、砂に打ち込む可能性が高めです。

2005年にリニューアルが施されており、GPSナビ等の最先端機器が導入されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ