東松山カントリークラブは計27ホールを持つ評価の高いゴルフ場

1963年、埼玉県東松山市に開場したゴルフ場が東松山カントリークラブです。
武蔵丘陵森林公園に隣接しており、過去にはプロトーナメントも開催されているので、埼玉県内でも名が知られています。
9ホール構成の3コース、計27ホールを所有し、組み合わせは計3通りである東松山カントリークラブのコースは藤田欽哉氏が設計を担当しており、丘陵地帯に作られているものの高低差はさほどありません。

東コースと呼ばれている9ホールは途中で曲がるドッグレッグと、半数以上のホールに配置されている池が特徴であり、グリーンの手前に池がある8番ショート、9番ミドルホールは難易度が高めです。

中コースと呼ばれている9ホールは最も距離が長いのが特徴であり、フェアウェイも広めに作られていますが、池やバンカーが多く飛距離だけではスコアを伸ばすことが難しいでしょう。

大きめのバンカーがある2番、途中で角度が大きく変わる8番は高い難度を誇ります。
西コースと呼ばれている9ホールは最も距離が短く、攻略の為には高いコントロールの技術が必要です。

障害物はバンカー、池共に個数は多くありませんが、池の面積が大きめであり、池越えスタートとなる1番ミドル、グリーン周りに池がある9番ロングはスコアを大きく崩すことも珍しくありません。

歴史のある名門ゴルフ場のため、予約を行えるのは会員のみとビジターの方がプレーする場合のハードルは高めですが、会員の方なら公式サイトからオンライン予約が可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ