東千葉カントリー倶楽部は18ホールを二つ所有しているゴルフ場

東千葉カントリー倶楽部は、1977年より千葉県東金市で営業を行っている鈴木利夫氏が設計を担当したゴルフ場で、広大な敷地を所有しており、18ホールを2つ備えています。
木々が多く残っており、各ホールは区切られた状態で打つことが可能です。
東コースはバックティーからの距離は7149ヤードと国内でも有数の長距離コースです。

高低差はそれほどなく、フェアウェイも広めなのでティーショットから思い切って打っていくことが必要となるでしょう。

しかしただ長いだけでなく、障害物も多めです。バンカーの数自体が多いこともさることながら、1つ1つの面積が大きく、グリーン周り以外に1打目が落ちそうなフェアウェイ傍にも配置されています。

池が多いのも特徴的で、特に2番ホールはティーグラウンドの周囲が池に囲まれている名物ホールとなっています。
18番ショートホールは池越えと大きめのバンカーが両方ある難所です。

西コースは東コースと比べれば短めなものの、バックティーからの距離は6826ヤードであり、平均以上です。

ホールの途中で曲がる作りにはなっておらず、ほとんどは真っ直ぐとなっていますが、障害物が非常に多く、特にバンカーは東コースを上回っており、且つ大きめです。

5番、12番ホールは大きなバンカーがグリーン周囲に多くあり、難易度が高くなっています。

池も多めであり、バンカーと共に難易度を上げている要因です。
利用料金は高めに設定されていますが、コンディションは抜群となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ