27ホールを持ち、温泉も備えている東蔵王ゴルフ倶楽部

宮城県柴田郡川崎町で1973年より営業を行っているゴルフ場が、東蔵王ゴルフ倶楽部です。
奥羽山脈の一部である蔵王連峰の絶景が景観の面での見所で、9ホール構成の3コース、計27ホールがあり、敷地が広いゴルフ場で、3コースの中から2つを選んでラウンドを行います。
富澤誠造氏が設計を担当しました。

中でもいずみコースは僅かな差ではありますが、最も長いという特徴を持ちます。
アップダウンはそれなりにあるのでコントロールが狂いやすく、更に障害物も多めです。

池は二カ所にあり、6番と7番ホールは共に池越えスタートとなっており、バンカーも多めなので、コントロール技術が問われる作りです。

山里コースと呼ばれている9ホールは、僅かな差ながら最も短い、池が多いという特徴を持っています。
池越えスタート、グリーン周囲にある大きな池等があり、水が多めです。
特に3番ホールは面積の半分弱が池であり、難易度が高めとなっています。

みやまコースはアップダウンが少なめの9ホールです。
池は一箇所だけ見られますが、他にはありません。

真っ直ぐ作られており、ティーグラウンドからグリーンまで見渡せるレイアウトがほとんどです。
バンカーの数もそれほど多くはありませんので、初心者の方でも楽しめるオーソドックスなコースです。

また、蔵王連峰は温泉地としても知られており、東蔵王ゴルフ倶楽部でも施設内に温泉があります。

温泉街が近いので、泊まりがけでのプレーにも向いているゴルフ場と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ