東都自動車グループが所持している、東都飯能カントリー倶楽部

埼玉県飯能市で1991年より営業を行っているゴルフ場が東都飯能カントリー倶楽部で、東都自動車グループの一員である、東都観光企業株式会社が所有しています。
丘陵地帯に作られているので敷地内で高低差はあるものの、各ホールでは高低差を感じにくい作りです。
18ホールの距離は6608ヤードとそれほど長くも短くもなく、平均的な距離となっています。

広々とした作りですので、プレッシャーを感じずに打つことが可能です。
OBになってしまう可能性も低めとなっているので、ティーショットでは思い切って打てますが、単調なコースではなく仕掛けが多めです。

ゴルフコースの障害物の定番であるバンカーは非常に多く設置されており、グリーン周りはどこも危険な一帯となっています。
3番、14番、17番ホールでは、フェアウェイ横にサイドバンカーが配置されているので、特に大きく注意が必要です。

そのため、ティーショットでいきなりバンカーに打ち込むことも珍しくありません。
特に、3番ホールはバンカーに加えて谷越えもあり、難易度が高めです。

池はそれほど多くはありません。どの池もティーグラウンド付近にあり、面積が小さいのでプレーに絡んでくることは稀です。

途中で角度が大きく変わる、ドッグレッグの作りになっているホールもあるので、プレーヤーはどこにボールを落とせば良いのか常に悩まされます。
利用料金はやや高めに設定されていますが、コンディションは悪くありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ