コースの距離は短いもののテクニックが重要な東濃カントリー倶楽部

東濃カントリー倶楽部は、1977年より岐阜県瑞浪市で営業を行っているゴルフ場です。
恵那山、御岳山を始めとした中央アルプスの山々に囲まれているので、雄大な山の数々が景観の面での見所です。
値段が安いので、コストパフォーマンスに優れています。

敷地内には自然が多く、特に松が多めとなっています。
18ホールはこの松林の中に作られており、違和感を抱かせない作りです。

建設会社によって設計された18ホールの距離は、一番グリーンから遠いバックティーから打った場合でも6373ヤードと短めとなっています。

丘陵地帯に作られたコースですが、高低差は若干ある程度でしかなく、ほぼフラットです。
フェアウェイは広めに作られているものの、豪快なスイングを持ち味としている方には向かないコースとなっています。

途中で角度が変わるドッグレッグと呼ばれる形になっているホールが幾つかあり、特にパー5の7番、14番ホールは曲がり方が急なので難易度が高めです。

池は少なく、コース内には一箇所しかありませんが、バンカーは非常に多く配置されている上に、一つ一つの面積が大きめなので、捕まりやすい作りです。

特に2番、5番、15番、17番、18番ホールはグリーン周りを中心にバンカーが多めとなっています。
12番ホールは谷越えですので、プレッシャーがかかりやすい場面です。

全体的に、飛距離よりも狙ったところにボールを落とせるかが重要でしょう。
冬場は雪の影響で打ちにくいこともありますが、暖かい時期のコンディションは良好です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ