東名カントリークラブはプロトーナメントが開催される、評価の高いゴルフ場

東名カントリークラブは1968年より静岡県裾野市で営業しているゴルフ場で、9ホール構成の3コースがあり、プロトーナメントが開催されるほど高い評価を受けています。
竹村秀夫氏が設計を担当し、自然を豊富に残しており、四季により色を変える木々や花が敷地内の見所です。
また木々は各ホールを仕切る役割を果たしています。

丘陵地帯にあり、アップダウンはあるものの、極端な打ち上げはありませんので、フラットに近い感覚で打てるでしょう。
愛鷹コースの9ホールは距離が最も短いという特徴を持っていますが、大きく差があるわけではありません。

前半は富士山に向かって打っていき、逆に後半は富士山を背にして打ちます。
曲がりくねったホールはほとんど無く、最も厄介なのは多く配置されているバンカーです。

裾野コースと呼ばれている9ホールはバンカーが多いという点もさることながら、池越えや角度が途中で変わるドッグレッグといった各ホールの構成の多彩さが特徴となっており、多くのテクニックを持っていないと、攻略は難しいでしょう。

桃園コースと呼ばれている9ホールは最も長いですが、フェアウェイはそれほど広めではありません。

バンカーは他のコースに比べて小さめで、数自体はさほど変わっていませんが、ラフの箇所が多いので飛距離に加えて正確性も問われます。

東名カントリークラブは名門ではありますが、ビジターでも予約をすることは可能です。
しかし利用料金は高めに設定されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ