18ホールを2つ所有している、東名古屋カントリークラブ

愛知県豊田市で1964年より営業しているゴルフ場が、東名古屋カントリークラブです。
広大な土地を所有しており、18ホールを二つ備えているのが最大の特徴となります。
両コース共に佐藤儀一氏が設計を担当し、過去には国内プロトーナメントも多数開催されている由緒あるコースです。

丘陵地帯に作られた36ホールは元からある自然を最大限に活かした作りとなっていて、木々によりほぼ全てのホールが仕切られています。

東コースは6805ヤードと距離が十分にあるだけでなく、打ち上げや打ち下ろし、自然の傾斜もあるので真っ直ぐ飛ばすためには高い技術が必要です。

フェアウェイが広めに設定されていますが、障害物も多く、バンカーは平均以上の数が配置されています。
池越えもあり、7番、16番ホールはティーショットが池越えです。

起伏が大きく、フェアウェイでも安定して打てないので、確実に安定した体勢で打てる1打目でどこに落とすかがポイントとなります。

西コースは6976ヤードと、長距離コースで、高低差はさほどないので、思い切ってショットを打つことが可能ですが、障害物は多めであり、特にバンカーは終始登場します。

グリーン周りに多いのは勿論のこと、1打目が落ちそうなフェアウェイ付近にもバンカーが配置されており、気を抜くことが出来ません。

その上、12番ホールには巨大な池があるので、難易度の高いコースです。
愛知県内でも屈指の名門ゴルフ場として知られており、予約が可能なのは会員だけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ