東名御殿場カントリークラブは安めでコストパフォーマンスの面で優れている

1977年、静岡県御殿場市に開場したゴルフ場が東名御殿場カントリークラブです。
富士山に近い位置にあり、景観の面での最大の見所です。
なだらかな丘陵地帯に作られており、南に向かって打つホールが多めとなっています。
そのため、プレー中は富士山を背にすることが多く、ゴルフの最中は芦ノ湖や相模湾、駿河湾などを望むこととなるでしょう。

竹村秀夫氏が18ホールの設計に携わりました。
グリーンから最も遠い位置にある、バックティーから打った場合の距離は6480ヤードと平均より短く、そのせいかパーが72ではなく71に設定されています。

丘陵地帯に展開していますが、高低差を感じさせない作りとなっており、フェアウェイをキープすれば好スコアを叩くことも可能でしょう。

アウトコースの9ホールは距離が十分にあり、途中で角度が変わることも少ないので、ティーショットから思い切って打つことが可能です。
バンカーが非常に多く、また面積も大きめとなっています。

特に4番、8番ホールのグリーン周りは難所です。
インコースの9ホールは対照的に、距離が短めとなっています。

グリーン周りを中心としたバンカーの多さは変わりません。
14番、15番ホールは特にバンカーが多めです。

途中で角度が変わるホールもあるので、飛距離よりもショットの正確性が問われるコースとなっています。

利用料金は安めに設定されているので、コストパフォーマンスに優れたゴルフ場です。
実際にコースに出て多く打ちたいという方に向いています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ