湯布高原ゴルフクラブの付帯施設としてヘリポートあり

湯布高原ゴルフクラブから見える由布岳は、古来より信仰の対象として崇められ、古事記や豊後国風土記にもその名を残しています。
湯布高原ゴルフクラブのコースには、随所にその自然が織り成す造形美が取り入れられ、戦略性の高い丘陵コースとしてデザインされているのです。
ホールはIN、OUTともに広めのフェアウェイを持ち、ベントワングリーンを配し、丘陵コース独特の打ち上げ、打ち下ろしを繰り返します。

高低差のあるホールでは、正確に距離感をつかむことがスコアメイクのポイントとなります。

OUTコース7番ショートホールでは、池越えの打ち下ろしホールとなり、ティショットでのクラブ選択がコースマネージメントの出来を左右することになるのです。

風格が漂う、落ち着いた雰囲気のクラブハウスにはレストラン、ラウンジ、ショップ、大浴場が準備されています。
大浴場には湯布院温泉を引き込んでおり、湯布院ならではの贅沢な時間を過ごせます。

レストランでは、窓から由布岳の眺望を堪能し、季節の料理を味わえます。
爽快な自然の中でゆったりとした時間を過ごせるのも、高原リゾートの醍醐味です。

ゴルフ場へのアクセスは、車の場合、大分自動車道、湯布院ICより車で5分、電車の場合、JR由布院駅よりタクシーで10分程度です。

また、付帯施設としてヘリポートがあり、自家用ヘリコプターで来場される方専用のヘリポートです。
ヘリポートの利用には、事前連絡が必要となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ