徳山国際カントリー倶楽部は、かつて27ホールを所有していたゴルフ場

1974年、山口県周南市に開場したゴルフ場が徳山国際カントリー倶楽部です。
かつては27ホール体制で営業を行っていましたが、四熊ヶ岳コースと呼ばれていた9ホールはプレー出来なくなっており、18ホールでの営業を行っています。
福井八十八氏が設計を担当しました。
バックティーから打った場合の距離は6723ヤードと、平均的な数字です。

かつて存在したコースの名前にもなっている、四熊ヶ岳の麓に作られたゴルフ場であり、四熊ヶ岳を近くに臨むことが可能となっています。
景観の面での見所は四熊ヶ岳を始めとする山々です。

山の麓に位置している山岳コースなので、アップダウンと傾斜が色濃く残っています。
苦手とする方が多い打ち上げもある、難易度の高いコースです。

フェアウェイは広めに設定されているので、ティーショットは思い切って打っても問題ありません。
二打目以降は正確に打つことが難しくなっています。

障害物の定番であるバンカーは多めであり、特に3番ホールはグリーンをオーバーしてしまった先にバンカーが多数待ち構えていて、抜け出すのは難しいでしょう。

8番、13番ホールもグリーン周りのバンカーが多めとなっています。
池は17番ホールに1カ所あるだけです。

ティーグラウンドとグリーンの間に位置しており、大きめなので落としてしまうことが良くあります。

歴史のあるゴルフ場なので、施設はやや古いですが、それ以外に欠点らしきところはありません。
利用料金は安めに設定されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ