女子プロトーナメントが開催された徳島カントリー倶楽部

「徳島カントリー倶楽部 月の宮コース」と呼ばれることもある徳島カントリー倶楽部は、徳島県徳島市で1970年より営業を行っているゴルフ場です。
竹村秀夫氏が18ホールの設計を担当しました。
バックティーからの距離は6800ヤードと、十分に距離もあります。
鮎喰川の北にある丘陵地帯に作られており、高低差はあまりありません。

フラットに仕上がっていますが、難易度は高めです。
高い評価を受けているコースで、女子プロトーナメントである徳島月の宮レディースクラシックがかつて開催されていました。

フェアウェイは比較的広めに作られており、ラフに当たる部分は少なめです。
しかし、途中で角度が変わる作りが多いので、真っすぐでないホールでは全力で打つことが難しくなっています。

そしてこのコースの難易度を高めているのが障害物の多さです。
特にバンカーは非常に多く配置されています。

バンカーの大きさ自体はさほどでもありません。
しかし、グリーン周りを始めとして、フェアウェイ横にもサイドバンカーがあり、一打目からプレーヤーにはプレッシャーがかかります。

池はさほど多くはありませんが、5番、16番ホールは共に池越えスタートであるので、難易度は高めです。
16番ホールのバンカーはアリソンバンカーと呼ばれる、深くて脱出が困難なタイプとなっているので、打数が嵩むことも珍しくありません。

利用料金はそれほど高くありませんが、コースの状態はとても良く、また施設も綺麗だと好評です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ