栃木カントリークラブは栃木県内でも特に歴史のあるゴルフ場

栃木カントリークラブは、栃木県栃木市で1959年より営業を行っているゴルフ場です。
栃木県内で4番目に作られた歴史のあるゴルフ場となります。
9ホール構成の3コースを備えており、計27ホールで営業を行っているのが特徴です。
富澤誠造氏、小林英年氏が設計を担当しました。

太平山県立公園の麓に位置しており、景観の面での見所は桜です。
太平山県立公園は桜の名所なので、春は美しい桜を見ながらのプレーが出来ます。

眼下に市街地を望むことが可能な西コースと呼ばれている9ホールは、やや曲がったホールが多めですが、障害物などはあまりありません。
1ヶ所だけ、ティーショットでの池越えがありますが、そこを除けば池は無く、バンカーも少なめです。

また、中コースの9ホールはフラットに仕上がっているのが特徴で、距離は最も短くなっています。
後半はティーショットの時点でグリーンが確認出来ない形で、殆どは真っ直ぐに作られているのが特徴となっています。

池は全く無く、8番ホールのグリーン周りはややバンカーが多めですが、他ではバンカーは少なめとなっています。

丘陵地帯ならではのアップダウンがあるのが特徴といえるのは東コースの名がついた9ホールでしょう。

高低差は厄介ですが、最も距離が長く、またフェアウェイが広く作られています。
思い切ったスイングを行いたいという方に向いているコースです。

長い歴史を持つゴルフ場ですが、メンバーでないと予約出来ないということはありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ