奈良市内にあり、歴史も古い奈良万葉カンツリー倶楽部

奈良県奈良市で1967年より営業を行っているゴルフ場が、奈良万葉カンツリー倶楽部です。
上田治氏が設計を担当しました。
奈良県で六番目に誕生したゴルフ場で、長い歴史を誇っています。

大和青垣国定公園内にあり、豊かな自然に囲まれていて景観の面での見所は多いです。
距離はバックティーから打った場合、6805ヤードであり、平均以上の数字となっています。

ティーグラウンドからグリーンが見えない、ブラインドを一切採用していないのも大きな特徴です。
アウトコースの9ホールは丘陵地帯にありながらもほぼフラットで、フェアウェイも広めのために、思い切ったショットを打っても問題ありません。

バンカーはやや多く、一つ一つが大きめです。
4番ホールは池に加えて、バンカーがグリーンの周りを囲んでおり、難易度は高いでしょう。

ボールの落ちた位置、飛ばしたい位置によっては池越えになることもありますが、ティーショットでの池越えはありません。
インコースはアップダウンがあるので、ショットが難しくなります。

ティーショットでの池越えや大きめのバンカーもあり、高いコントロール技術が必要です。
またアウトコースと比べて、フェアウェイが広く作られてはいないので、安定して打てるティーショットが重要となります。

奈良市内にあり、歴史のある名門ゴルフ場ですが、ビジターでも予約できます。
公式ホームページからの直接予約はできませんが、ゴルフ場予約サイトを経由すれば問題なく予約が可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ