異なったタイプの3コースを持つ、那珂カントリー倶楽部

那珂カントリー倶楽部は、茨城県常陸大宮市で1977年より営業を行っているゴルフ場です。
9ホール構成の3コースを備え、計27ホールが敷地内にあります。
高森豊氏が設計を担当しました。
アップダウンはありますが、極端な打ち上げ、打ち下ろしにはなっていません。

東コースと呼ばれている9ホールは、木々によって仕切られており、他の組の状況を気にすることなくプレーできます。
ただし、その木々が多いために、フェアウェイはあまり広く感じられません。

距離は最も長いので、第一打から思い切ったスイングを行う方が良いでしょう。
障害物は少なめで池は全くなく、バンカーも多くありません。

中コースと呼ばれている9ホールは、那珂カントリー倶楽部の中で最もフラットに近い状態になっています。
フェアウェイもやや広く、障害物は多めです。

ショートホールは共に池があり、9番は池越えスタートで、ティーショットの難易度が高くなっています。
そしてバンカーも多めです。

4番ホールのグリーン手前には進入を阻むように多数のバンカーが配置されています。
西コースと呼ばれている9ホールは、ほぼ真っすぐに作られているのが特徴です。

またバンカーや池といった障害物も、少なめになっています。
このコースでの厄介な点として、傾斜が挙げられるでしょう。

ティーグラウンド以外ではフェアウェイでも角度が大きくついているので、真っすぐ飛ばすのは容易ではありません。
グリーンを始めとしたコンディションも良く、値段もリーズナブルです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ