広大な土地に27ホールを所有している那須伊王野カントリークラブ

1975年、栃木県那須郡那須町に開場したゴルフ場が、那須伊王野カントリークラブです。
那須に多くあるリゾートコースの一つで、広大な敷地を所有していて、9ホール構成の3コースを備えています。
設計を担当したのは浅見緑蔵氏です。
自然が多く残され、各ホールは木々で仕切られています。

丘陵地帯にあるので、どのコースも高低差がありますが、フラットではありません。

北コースと呼ばれている9ホールは、那須連山の景観を楽しむには最も向いており、遠くの山に向かって豪快なショットを打ちたいという場合には最適です。

一方で真っすぐではなく、途中で曲がるホールがやや多く、飛距離を稼ぐだけでは苦戦することとなるでしょう。
また、バンカーが密集しているのも大きな特徴です。

数自体は平均的ですが、2番、6番のグリーンの周りはバンカーで埋め尽くされています。
南コースと呼ばれている9ホールは最も距離があり、フェアウェイも広めです。

このバンカーはそれほど大きくはありませんが、数は多めに配置されています。
6番は池越えとバンカーが合わさって難易度が高く感じられるでしょう。

東コースと呼ばれている9ホールは最も距離が短く、フェアウェイが狭めに設計されています。
また途中で角度が変わるホールが多く、狙ったところに落とす技術がスコアメイクの鍵となるでしょう。

バンカーは大きめのものが配置されており、池もあります。
芝は良い状態が保たれていて、季節に関わらず快適にプレーすることが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ