歴史があり、リゾートコースとしても利用される那須国際カントリークラブ

那須国際カントリークラブは、1962年より栃木県那須郡那須町で営業されているゴルフ場です。
ゴルフ場の多い栃木県の中で、八番目に作られた由緒あるコースとなります。
富澤誠造氏と浅見緑蔵氏が18ホールの設計に携わりました。
那須連山の裾野に位置しており、リゾートコースとしての側面もあるために自然が多く残っていて、時には野鳥の声も聞こえるほどです。

木々も多いので、それらで各ホールは仕切られており、目の前のホールに集中することができます。
18ホールは6230ヤードと、あまり距離がありません。

しかし、山の裾野にあるという特性上、全体的にアンジュレーションと呼ばれる傾斜があり、予想以上に曲がるということが度々起こります。

距離の割にはフェアウェイは広く作られているので、ティーショットは思い切って打っていくことが可能です。
二打目以降に安定するかどうかがスコアメイクの上での鍵となります。

障害物はあまり多く配置されておらず、またバンカーの数は若干少ない程度です。
16番、17番ホールでは大きめなバンカーがありますが、それでも他のゴルフ場のものと比べれば小さめとなっています。

12番、17番ホールでは池が見られ、こちらの方が厄介でしょう。
共にグリーン手前に配置されており、17番ホールの方は池が大きめとなっています。

宿泊施設のロッジ、露天風呂とゴルフ以外の施設が充実している点が大きな特徴です。
また利用料金はそれほど高くなく、コストパフォーマンスも悪くありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ