9コース、計27ホールを所有している那須野ヶ原カントリークラブ

栃木県大田原市で1975年より営業を行うゴルフ場が、那須野ヶ原カントリークラブです。
9コース構成の3ホールを有しており、計27ホールがあります。
発知朗氏が設計を担当しました。
全てのホールに共通しているのは、天然の松林で区切られているために周囲を気にせずに打てるという点、那須連邦を望むことが可能で景観が良い点、そして丘陵地帯に作られていながらも高低差がほとんどない点です。

浮間コースと呼ばれている9ホールは、比較的真っすぐに作られているものの、フェアウェイはそれほど広くありません。
またバンカーが多めなので、障害物にも気をつける必要があります。

一方で池はほとんど見られません。わずかに池はありますが、面積が小さく、プレーに絡んではこないでしょう。
那珂川コースと呼ばれている9ホールは、浮間コースと似た特徴を持っています。

距離もほぼ同じですし、真っすぐに作られている点、バンカーが多い点も同じです。
しかし、こちらは大きめの池があります。

2番のショートホールは池越えとバンカーが合わさり、難易度が高めです。
那須コースと呼ばれている9ホールは、最も距離が長くなっています。

バンカーの数は平均的であり、特別多くはありませんが、やや大きめです。
距離はあるものの、曲がりくねったレイアウトが多く、池越えもあるのでテクニックも重要となるでしょう。

シーズンによって利用料金は変動しますが、全体的にやや高めの値段設定です。
冬季はセルフプレーのみなので、比較的安く利用できるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ