南九州カントリークラブは豪快なショットを打てるゴルフ場

1967年、鹿児島県日置市に開場したゴルフ場が、南九州カントリークラブです。
「南九州カントリークラブ 伊集院コース」と呼ばれることもあり、インターネットの予約サイトでは主にこちらの名前が使われています。
鈴木正一氏が18ホールの設計を担当しました。
18ホールの距離は6900ヤードと、ボリュームも十分にあります。

丘陵地帯に作られており、アップダウンは多少はありますが、プレーに大きく影響を与えるほどではありません。
アンジュレーションと呼ばれている傾斜があるので、フェアウェイでも予想以上に曲がるということがあり、正確なショットを打ちづらく感じられるでしょう。

そのため、傾斜のない状態で打てるティーショットが重要です。
豊富な敷地内の自然が見所の一つとなっており、各ホールは木々により仕切られています。

また極端に曲がるホールが無く、全体的に真っすぐ作られているのが特徴ですので、ドライバーでの豪快なショットを楽しみたいという方には向いているコースです。

バンカーの数自体はそれほど多いわけではありません。
しかし、一部には面積の大きいバンカーがあります。

それは3番、15番ホールのグリーン付近にある巨大なバンカーです。
アプローチショットの技術が問われるホールと言えるでしょう。

また、コース内に池は全く見られません。
利用料金はやや高めに設定されていますが、グリーンを始めとするコースのコンディションは良い状態が保たれており、また接客のレベルも高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ