南山カントリークラブは名門ゴルフ場として知られている

愛知県豊田市で1975年より営業を行っているゴルフ場が、南山カントリークラブです。
井上誠一氏が18ホールの設計を担当しました。
コース設計の巨匠として知られている井上誠一氏は、自然を破壊しないことを理念として掲げて設計を行っており、南山カントリークラブでも元々その土地にあった自然を最大限に利用しています。

また人間が手を入れる箇所を最小限に留めており、結果として豊かな自然が残り、かつ戦略性も高い18ホールが生まれました。
18ホールの距離は6964ヤードと長距離コースです。

丘陵地帯に作られているコースは、自然を残した作りの為にアップダウンもそのまま残っています。
また傾斜もあるので打ちやすくはありません。

各ホールは木々により仕切られているので、周囲の雑音もなく、集中して打つことが可能です。
バンカーの数は多くも少なくもない、平均的な数字となっています。

しかし一つ一つが大きめなので、グリーン付近は要注意です。
池を大胆に取り入れているのもこのコースの特徴となります。

9番、17番はティーショットが池越えであり、特に17番ホールは面積のほとんどを水が占めているのが特徴です。
アウトコースは全体的に真っすぐに作られていますが、インコースは逆に曲がりくねったホールが多めとなっています。

南山カントリークラブは名門ゴルフ場として知られており、ゲストがプレーする為のハードルは高めです。
予約を行うことが可能なのは会員のみであり、ゲストのみでのプレーには対応していません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ