南総カントリークラブは計36ホールを所有しているゴルフ場

1977年、千葉県市原市で開場したゴルフ場が、南総カントリークラブで、広大な敷地を所有しており、18ホールを2つ、計36ホールを備えています。
発知朗氏がコースの設計を担当しました。
丘陵地帯に作られており、高低差はありますがプレーに影響を与えるほどではありません。
また、全てのホールが林や丘により仕切られており、OBを叩いてしまう可能性は少なくなっています。

東コースと呼ばれている18ホールは、バックティーからの距離が6709ヤードと平均的な距離です。
途中でホールの角度が変わるドッグレッグはなく、全体的に直線か、それに近いレイアウトとなっており、バンカーはやや多めです。

大きさはさほどでもないですが、グリーン周りを中心として多数のバンカーが配置されています。
また池もあるので、常に緊張感を持って挑まなければいけません。

西コースと呼ばれている18ホールは、バックティーからの距離が6730ヤードと、東に比べてやや長くなっています。
基本は直線なのですが、わずかに曲がったレイアウトとなっており、難易度は高めです。

さらにバンカーが非常に多く、また大きいのも特徴となります。
特に12番、14番、16番ホールはグリーン付近に多くのバンカーがあり、面積も大きめなため、アプローチショット時に苦戦することは必至です。

広大な敷地を所有しているだけのことはあり、利用料金は高めに設定されています。
フェアウェイやグリーンは値段に見合った素晴らしい状態です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ