9ホールで営業を行っている、南筑波ゴルフ場

南筑波ゴルフ場は、茨城県つくば市で1976年より営業を行っているゴルフ場です。
全9ホールで営業を続けています。
18ホールのプレーを行いたい方は、二回プレーすることで他のゴルフ場基準の1ラウンドをこなすことが可能です。
半分で十分だという方はハーフプレーにも対応しています。

林間地帯に作られたコースなので、高低差はほとんどありません。
高低差は最大で6メートルと、打ち上げや打ち下ろしは全くないコースです。

この特徴があるので、コースデビューしようとする方や、あまり慣れていない初心者の方に向いています。
利用料金も安めに設定されておらず、多く訪れてもそれほどの出費にはならないので、練習には最適です。

9ホールの距離は3000ヤードに届かず、あまり長いコースではありませんが、500ヤード越えのロングホールもあるので飛ばしたい方でも楽しむことが可能となっています。

2番ホールは、途中で極端に曲がる、ドッグレッグの形になっていますが、それ以外は基本的に真っすぐ作られており、非常に打ちやすいでしょう。

もちろん、容易なだけのコースではなく、全体的に傾斜があるので、真っすぐ打つ為には技術が必要となります。
数こそ少ないですが、バンカーや池もあるので、慣れていない方だとつまずいてしまうでしょう。

あまり大きくはないのですが、池が数カ所あり、どこもグリーン周囲に固まっているので、アプローチショットの難易度は高めです。
カートは導入されていませんが、短いコースなので歩きで快適に回れます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ