大規模な河川敷コースである南幌リバーサイドゴルフ場

北海道空知郡南幌町で1983年より営業を行っているゴルフ場が、南幌リバーサイドゴルフ場です。
リバーサイド公園内にある河川敷コースであり、夕張川沿いに各ホールが展開されています。
9ホール構成の3コースを所有しており、河川敷に展開されているゴルフ場の中でも、特に規模が広めです。

交通の便が良く、また高低差がなくフラットなために、どのようなレベルの方でも楽しめるゴルフ場です。
南コースと呼ばれている9ホールは距離はあまりありませんが、障害物が多く、バンカーは平均以上の数が見られます。

4番、5番ホールは特にバンカーが大きめであり、個数も多いので腕が如実に表れるでしょう。
池が多く有るのも特徴で、8番ショートホールは巨大な池越えとなっています。

曲がりくねっているホールもあるので、全体的に正確性が必要です。
西コースと呼ばれている9ホールは長めであり、全体的に真っすぐ作られています。

3番を始めとして、バンカーが大きいところもあるものの、個数は抑えられているのが特徴です。
池はあまり大きくありませんが複数あり、ティーショットでの池越えもあります。

北コースのみ独立しており、2回ラウンドするのが特徴です。
また、夕張川を行き来する際に渡し船を使います。

距離がそれほど長いわけではありませんが、バンカーは多めで油断は出来ません。
利用料金は非常に安く、近くにお住まいの方なら何回でも訪れることが可能となっています。
多く打ちたい初心者の方には最適なゴルフ場です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ