日高カントリー倶楽部は27ホールを持ち、長い歴史があるゴルフ場

埼玉県日高市で1961年より営業を行っているゴルフ場が、日高カントリー倶楽部です。
9ホール構成の3コース、計27ホールを所有しており、相馬正胤氏が設計を担当しました。
全てのホールが木々により区切られているので、OBが出にくいという特徴を持っています。

東コースと呼ばれる9ホールは林間地帯に作られており、比較的フラットに仕上がっています。
ショートホールがともに池越えの形になっており、ティーショットの時点から油断出来ません。

高低差はあまりないので打ちやすいですが、バンカーは非常に多く設置されています。
フェアウェイ横にあるサイドバンカーが多いのも特徴です。

西コースと呼ばれている9ホールは、最も距離が長く、また真っすぐにレイアウトされているという特徴を持っています。
しかし、全体的にアンジュレーションと呼ばれる傾斜があり、フェアウェイをキープしたとしても油断は出来ません。

またバンカーが非常に多く、コントロールが特に重要となります。
南コースと呼ばれる9ホールは、最も距離が短いですが、障害物は多めです。

バンカーも平均以上の数がありますが、このコースでは、池が多くあるのが最大の特徴です。
池越えの形になっているところが半数近くあり、バンカーと合わさって距離の割に難易度は高めとなっています。

長い歴史を持っている名門ゴルフ場ですので、ビジターがプレーするには会員の紹介か同伴が必須です。
プレーのためのハードルは高めとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ