日本ラインゴルフ倶楽部は数多くの激戦の舞台になった

岐阜県可児市にて1966年より営業を行っているゴルフ場が、日本ラインゴルフ倶楽部です。
ゴルフ場の多い岐阜県内でも早い時期に作られており、多くのトーナメントの舞台として選ばれました。
18ホールを二つ、計36ホールを所有しているのが特徴であり、村上義一氏が設計を担当しています。

西コースは丘陵地帯に位置していることもあり、30メートルもの高低差があるのが特徴です。
距離はバックティーからで6850ヤードと平均以上の数字となっています。

プロトーナメントはこちらのコースの方が多く使われており、日本プロゴルフ選手権大会などが開催されました。
西コースの難易度を上げているのは障害物の多さです。

バンカーは終始登場し、ティーショットでいきなりバンカーに入ってしまうということも珍しくありません。
さらに池もよくあり、池越えの形になっているホールが多めです。

17番ホールは面積のほとんどを池が占めていて、名物となっています。
東コースは6869ヤードと西に比べ若干長めです。

日本オープンゴルフ選手権大会の舞台になったのは、こちらの18ホールとなります。
フェアウェイにもうねりがあるので、正確にショットを打つのが困難です。

バンカーの数自体は平均的ですが、非常に大きいので存在感があります。
西コースほど多くはありませんが、池も散見される難易度の高い18ホールです。

名門ゴルフ場に数えられているので、ビジターがプレーするためのハードルは高めになっています。
予約には会員の同伴か紹介が必須です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ