18ホールを二つ持ちながらもリーズナブルな日本原カンツリー倶楽部

岡山県美作市で1975年より営業を行っているゴルフ場が、日本原カンツリー倶楽部です。
富澤誠造氏、三木茂克氏の二人が設計を担当しています。
日本原カンツリー倶楽部は、敷地内に二つの18ホールを持っているのが大きな売りです。
林間地帯に作られたコースはアップダウンがあまりなく、初心者の方でもショットが打ちやすくなっています。

瀬戸コースと呼ばれている18ホールは、バックティーから打った場合の距離が6906ヤードと長めの作りです。
思い切ってショットを打つことが求められますが、フェアウェイはそれほど広くありません。

ティーショットの時点から正確性が問われることとなります。
池は少なく、プレーに絡んでくるものはほとんどありません。
バンカーは多めに配置されており、大きめです。

また途中で角度が変わるホールもあるので、パワーだけでは好スコアに繋がりません。
那岐コースと呼ばれている18ホールは、6778ヤードと距離は平均的な数字です。

こちらのコースはまた松林によりほぼ全てのホールが仕切られており、他のホールを気にすることなくショットを行うことが可能となっています。
大小様々なバンカーが配置されており、また池もあるので障害物が豊富です。

ティーショットからの池越えや、グリーン周りに池を配置しているホールなどがあり、プレーヤーを飽きさせません。

障害物は多めであるものの、比較的真っすぐに作られているので打ちやすいと感じる方もいらっしゃるでしょう。
利用料金は安めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ