かつては猪苗代ゴルフクラブと呼ばれていた猫魔ホテル猪苗代ゴルフクラブ

福島県耶麻郡猪苗代町で1998年より営業を行っているゴルフ場が、猫魔ホテル猪苗代ゴルフクラブです。
オープン当初は猪苗代ゴルフクラブという名称でした。経営会社の交代により、2004年より猫魔ホテル猪苗代ゴルフコースの名称を使っています。
18ホールの設計は吉崎満雄氏が担当しました。

バックティーからの距離は、7065ヤードと非常に長いことが特徴です。
布森山の麓の丘陵地帯に位置しており、コースはフラットに仕上がっています。

しかし、決して打ちやすいコースではありません。
アンジュレーションと呼ばれている山の傾斜がコース全体にあるので、最も打ちやすいフェアウェイであっても油断は禁物です。

そして、非常に長いコースでありながらフェアウェイがあまり広く設定されていないので、ラフに入ってしまう可能性が高くなります。
設置されているバンカーは平均的な数です。このコースで危険なのは、水の存在となります。

池が非常に多く、また面積が非常に大きいので、美しい見た目とは裏腹にスコアが伸び悩む原因です。
ティーショットからの池越えとなっているホールは少なめですが、2番ホール、13番ホールではフェアウェイのすぐそばに水が広がっています。

16番ホールでは、グリーンを越えた先に池が配置されているので、飛ばし過ぎて打数がかさむことも珍しくありません。
雄大な18ホールを備えていますが、利用料金は安めに設定されています。

またさまざまな割引サービスを行っているので、訪れる前に公式サイトをチェックしてみると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ