石川県の中では早い段階で作られた能登カントリークラブ

1968年より石川県羽咋郡宝達志水町で営業を行っているゴルフ場が、能登カントリークラブです。
海沿いにあるシーサイドコースであり、9ホールで構成された3コースを備えています。
石川県で二番目に作られたゴルフ場としても知られており、県内でも特に歴史があり、名門との呼び声が高いのも特徴です。

日本海コースと呼ばれている9ホールはほぼ全てが木々で仕切られていて、思い切って打つことが可能となっています。
バンカーの数は平均以上であり、フェアウェイにもサイドバンカーが多くあるのが特徴です。

また4番は池越えでありながら、グリーン周りには大きめのバンカーが多数存在している名物ホールであり、同時に高い難度を誇っています。
ハマナスコースと呼ばれている9ホールは3573ヤードと最も距離があり、一部を除いて真っすぐ作られています。

フェアウェイも広めではありますが、障害物も多く、全体的な難易度は高めです。
池は8番ホールのグリーン周りにのみ見られ、他にはありません。

宝達コースと呼ばれている9ホールは最も距離が短いですが、それでも3452ヤードであり、十分に長いです。
バンカーや池といった障害物は控えめとなっており、またフェアウェイも広めですので、難易度の面では最も初心者向きとなっています。

名門ではありますが、利用料金は法外に高いというわけではなく、やや高い程度です。

しかし、プレーには会員の紹介が不可欠なので、ハードルは高めとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ