距離は短めだが侮れない梅ノ郷ゴルフ倶楽部

群馬県安中市で1992年に開場したゴルフ場が、梅ノ郷ゴルフ倶楽部です。
18ホールは加藤俊輔氏が設計を担当しています。
丘陵地帯に作られた18ホールは、6445ヤードとあまり長いコースではありません。
しかし、フェアウェイには傾斜がついており、アップダウンもあるので難易度は高くなっています。

その分、フェアウェイは広めに取られているので、コントロール技術が長けている方ならフェアウェイをキープすること自体は比較的易しいでしょう。

バンカーの数自体は多い方ではありません。ほとんど見られないホールもある程です。
しかし、7番ホールについてはグリーンの手前にバンカーが固まっており、非常に面積が大きいので難易度を上げています。

バンカーが少ない分、池は非常に多く、プレーヤーに心理的な圧力をかける作りです。
それが顕著なのが9番のショートホールであり、ティーグラウンドとグリーン以外はほぼ池という水だらけの構成になっています。

他にも大きな池が多数存在するので、飛ばし過ぎ、コントロールの失敗などが起こると、打数がかさむことも珍しくありません。

14番ホールはフェアウェイの左右、すぐそばに池が配置されており、基本通りフェアウェイに落とすか、それとも池越えで一気に通り抜けるかの選択を迫られます。

利用料金は安くはありませんが、そこまで高いわけでもありません。
冬というゴルフにとって厳しい時期でもコンディションが良いとの声が多く聞かれ、プレーに集中することが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ