別荘地として名高い那須平和郷の中にある白河メドウゴルフ倶楽部

白河メドウゴルフ倶楽部は、福島県岩瀬郡天栄村で1991年より営業されているゴルフ場です。
栃木県と福島県の県境にあり、周囲は那須平和郷と呼ばれる別荘地となっています。
避暑地としての側面もあり、標高1000メートルに近いところに位置している白河メドウゴルフ倶楽部では、夏場でも涼しくゴルフをプレーすることが可能です。

18ホールは加藤俊輔氏が設計を担当しており、6990ヤードと距離も十分にある本格派コースとなります。

一部はホールの途中で角度が変わるドッグレッグとなっていますが、ほとんどは真っすぐに作られているのでティーグラウンドからグリーンを見ることが可能です。

うねりはありますが、緩やかですので、プレーに大きく影響は与えません。
ほぼフラットに仕上がっているので、ゴルファーのレベルに関わらず楽しむことが可能です。

フェアウェイは狭いわけではありませんが、木々がすぐ近くにあるので、狭く感じる場合があります。
バンカーの数はかなり少なめに作られており、一部に大きなものがあるだけです。

池はやや多めに配置されており、2番ホール、12番ホールは池越えとなっています。
18番ホールでは、グリーンを取り囲むように池が配置されており、アプローチショットの際に気をつけなければいけません。

利用料金はシーズンによって大きく変化しますが、極端に高くも安くもありません。

しかし、コースのコンディションや接客といった面では高いレベルを誇っており、快適にプレーすることが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ