計36ホールを持っている、白河国際カントリークラブ

福島県白河市で1975年に開場したゴルフ場が、白河国際カントリークラブです。
18ホールを1つ、9ホールを2つ持っているのが最大の特徴となります。
実質的には18ホールを2つ持っているという認識で問題ありません。
安達太良コースと呼ばれている18ホールは、水が印象に残るコースです。

池の個数自体も多いのですが、8番、9番、そしてティーショットが池越えの形になっている11番は非常に大きな池があり、障害物であるのと同時に見所でもあります。

特に9番は面積のおよそ半数が池であるという珍しい特徴を持っており、グリーン周りにも池があるので難易度は高めです。
バンカーもあり、面積が広めですが、数はあまりありません。

バックティーからの距離が6191ヤードと短めですので、大振りするよりも正確に刻んでいくスタイルの方がスコアが安定するでしょう。

那須コースと呼ばれている9ホールは距離があり、フェアウェイも広めですので、積極的にボールを飛ばしていく必要があります。
しかし、自然の傾斜が残っているので、打球をコントロールする難易度は高めです。

池はあまり無く、また小さめとなっています。
バンカーは後半になるに連れて増えていくので、終盤のグリーン周りは要注意です。

磐梯コースと呼ばれている9ホールも那須コースと同じ特徴を持っており、距離が長めであり、傾斜があります。
その為ショットが安定しづらいです。

バンカーや池越えと障害物が豊富なので、テクニックも求められます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ