白山カントリー倶楽部松風コースはバンカーが非常に多いコース

白山カントリー倶楽部松風コースは、石川県能美市で1974年に開場したゴルフ場です。
元々はこの松風コースのみしかなかったのですが、後に泉水コースと呼ばれる18ホールが作られ、区別の為に従来の18ホールは松風コースと呼ばれています。
ゴルフ場の名前にもなっている白山を南西に望むことが可能であり、景観の面での名物と言えるでしょう。

ゴルフ場の東には日本海が広がっており、山と海の両方の景色を楽しむことが出来ます。
自社設計による18ホールは6844ヤードと距離も十分でありながら、戦略性も高めです。

フェアウェイは広めに取られているものの、そのアドバンテージを上回るバンカーの多さが特徴であり、ほぼ全てのホールで多数のバンカーが待ち構えています。

またバンカーは大きめですので、全く捕まらないプレーは難易度が非常に高いです。
バンカーに捕まることは計算に入れた上で、いかにリカバリーを上手く行うかがポイントとなるでしょう。

バンカーとは対照的に池はほとんどありません。
12番ホールでティーショットでの池越えがありますが、それ以外の池は全く無いので、池に関しては苦手でもあまり問題ないでしょう。

グリーンはニューベントに改装されているので、洋芝独特の感覚に慣れていない方はパッティングで苦労することとなります。
現在では泉水コースとの差別化を図られており、松風コースはセルフプレーが基本です

。セルフプレーの場合でも、利用料金は高めです。
芝のコンディションは値段に見合った素晴らしい状態となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ